Gem-one Music Presents:

Blog.

2014
01/18

メンデルスゾーン

分類 : ブログ

バッハのマタイ受難曲を100年ぶりに再演し、時代遅れとされていた

バッハを復活させたメンデルスゾーン♪

それから、ライプツィヒ音楽院やゲヴァントハウス管弦楽団の

本拠となるコンサートホールもつくり、教育者としても大活躍した★

そしてもうひとつ、生涯に50曲を超える合唱曲を書いて、

シューマンたちとともに再び合唱の花を咲かせた凄い人物です♪

お金持ちで才能にも恵まれて一見とっても幸せそうだけれど、

メンデルスゾーンはユダヤ系ドイツ人。

ドイツではユダヤ人に対する迫害そして偏見。。。

絶対にこの事はメンデルスゾーンにとっても

ストレスを感じながら生きていかなければならなかったんだろうなあ

って作品をきいているとヒシヒシと伝わってきます。

あたたかい中にものすごく影があるように感じる。

シンドラーのリストのテーマ曲を弾いていてふとメンデルスゾーンの

ことを考えてしまったので、今日はこんなブログになってしまいました。

『シンドラーのリスト』と

チャップリンの 『独裁者』 は私にとってどちらも ラブラブNO.1ラブラブ

ジョンウィリアムズさんは、この曲にすごい人生をかけてらっしゃった

(ここでヒットを出さないと作曲家としてもう終わりだ。。。)っと

いうことを聞いたときは、すこーしショックでしたけど、

(ヒットのこと考えて書いたのかあと(笑))

でも曲は本当に素敵な曲で、映像や内容をしらなくても

それが伝わってくるすごい曲だと思います。

話はもどって。。。。

メンデルスゾーン1847年 38歳でなくなってしまった。

しかも原因不明。。

最期の言葉は 『疲れた、本当に疲れた』 という言葉。

この言葉を知ったときは、すごくつらかったのを覚えてます。

ラフマニノフにしても、何年もうつ状態になったり、

シューマンの♪ライン♪この曲はめちゃくちゃ大好きな曲

なんですが、変拍子的な感覚とはウラハラにものすごくさわやか。

シューマンもあこがれていたライン川。なのにそこで自殺をはかってしまう。

助けられはするけれど、精神病院へ。

みんな何かしら悩みをもっていきている。

だから、やっぱり 悩みながら前に進んでいくしかないのです!!

とおもう今日このごろです!!

最近の投稿


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※送信前にキャプチャコードの入力欄をお確かめ下さい。この欄は、入力欄の上に御座います抽象化されたアルファベットを入力頂くスペースです。

CAPTCHA



profile.

諏訪麻衣子(すわまいこ) SUWA,maiko
ヤマハJOCにて多数入賞を果たす。 大阪音楽大学付属音楽院・普通高校にて非常勤講師を経て、現在に至る。 ホテルでのパーティー演奏・その他、オーケストラの作曲・編曲を手がけ、自宅などで子供からピアノの先生まで幅広く指導させて頂いております。 ヤマハグレードは演奏・指導ともに3級まで対応させて頂いております(^^) ただ今、生徒募集中です☆
PTNA指導者会員/PSTA指導者会員
Gem-one Music 講師

powered by Gem-one. all rights reserved.